歯医者と口腔外科の違い

歯医者と口腔外科は治療対象が異なる

歯医者(歯科)と口腔外科はどちらも患者さんの口の中を診療する場所ですが、それぞれ治療する疾病は異なります。歯医者で主に治療されるのは虫歯や歯周病で、その他に欠損した歯を補う入れ歯やインプラントなどの治療やフッ素の塗布・ホワイトニングなども治療範囲です。歯医者さんによってどこまでの治療をカバーできるかは異なり、矯正歯科や審美歯科など歯医者さんの中でもさらに専門的な看板を掲げて開業しているところもあります。
虫歯の治療はほとんどの歯医者さんで受けられますが、それ以外の治療を希望される方は事前に歯医者さんのホームページなどを確認するのがおすすめです。もちろん同じ虫歯の治療でも歯医者さんによって導入設備や治療方針が異なるので、地域内で高い評判を得ているところを検索して通うことをおすすめします。

アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック 矯正サイトは広島市内で矯正歯科を探している方におすすめです

歯周病は一般的な歯医者で治療可能

歯周病は歯ではなく歯茎の病気なので歯科か口腔外科か迷う方もいらっしゃいますが、歯周病の治療も一般歯科で可能です。口腔外科はあくまで外科的な処置をする専門医療機関なので、細菌による疾病である歯周病は一般歯科の治療範囲となります。もちろん、歯周病の予防は一人ひとりが歯磨きなどのセルフケアを行うことが非常に大切です。歯茎が弱くなってきたと感じる方は早めに対策するようにしましょう。歯や口腔内に関する症状を総合的に相談できるかかりつけ歯科を持っていれば、歯周病だけでなくあらゆるお口トラブルの相談ができます。口腔外科で治療が必要な症状が歯科医の診察で発見されることもありますので、かかりつけ歯科医を作っておくことは非常に重要です。

顎変形症や口の中の裂傷などは口腔外科へ

口腔外科で治療できるのは顎変形症などの症状や、口の中・口のそばで生じた裂傷などのケガです。外科的な処置が必要な際は歯に関する治療を行うこともあり、口の中かなり深く埋まってしまった親知らずを抜く際などに口腔外科の治療を受けることもあります。そのため歯科と口腔外科を併設しているところも少なくありません。歯科で口腔外科の治療も必要と判断された場合は、知り合いの信頼できる口腔外科を紹介される可能性もあります。例えば、歯の噛み合わせが悪い原因が顎の骨格にある場合は口腔外科で治療を行う必要が出てきます。インプラント治療を歯科ではなく口腔外科で行うことも少なくありません。

SNSでもご購読できます。