健康維持のために歯医者が重要な理由

全身の健康を保つために歯医者が大切

実は歯の健康を保つというのは全身の健康を保つことにつながります。そのため、歯医者にしっかりと通うことはとても重要です。日本人は長寿命ですが、歯の健康に関しては無関心な人が多いです。そのため、高齢になって歯を失う人が多く、それでたくさんの人が苦労しています。
歯の病気になったり、歯が抜けてしまったりするとさまざまな病気のリスクが高まるため注意しましょう。自分の歯の健康を守ることが全身を守ることになります。

歯科疾患が全身疾患につながるケース

たとえば、歯周病になってしまうと全身の病気に影響を及ぼすことがわかっています。たとえば、メタボリックシンドロームとの関係が近年注目されるようになりました。歯周病になると噛む機能が低下してしまい肥満になりやすくなります。また、歯周病の原因菌が血管を通して全身に広まってしまい、インスリンの働きを悪くして糖尿病を悪化させることもわかっています。また、肥満や糖尿病になると歯周病を発症して重症化しやすいこともわかっているのです。このように歯の病気と全身の病気は深く関係していて、相互影響するため、とてもリスクがあります。

北赤羽の方々を助けてきた歯医者です

歯を失うと病気にかかりやすくなる

虫歯や歯周病が進行するとやがては歯を失ってしまいます。自分の歯を失うことによって、食事に大きな影響が出てしまいます。よくものを噛むことができなくなり、それによって栄養に偏りが生じたり、不足したりすると全身が弱ってしまいます。免疫力の低下が促されてしまい、さまざまな病気にかかりやすくなるでしょう。老後の病気のリスクを決める要因として、残っている歯の本数はとても重要とされています。いつまでも自分の歯を維持することが健康につながるのです。

歯医者に通う習慣をつくろう

歯の健康を守るためには定期的に歯医者に通う習慣をつくることが大切です。特に歯の痛みなどがなかったとしても、定期検診を最低でも年に1回は受けるようにしましょう。そうすれば、症状が出るまえの初期段階で歯科疾患を見つけることができます。その時点であれば軽い治療で対処することができるのです。歯医者に通うことによって、自分の歯をできるだけ長く維持することができ、それが老後の生活や健康を豊かにすることにつながります。いつまでも健康で楽しく暮らしていきたいならば、歯医者に通って歯の健康維持に努めることが大切であると覚えておきましょう。

SNSでもご購読できます。